各種名義変更手続き

不動産

遺産分割協議書(印鑑証明書付)・被相続人の出生から
死亡までの戸籍謄本・相続人の戸籍抄本を添付して、
相続による所有権移転登記を法務局へ、申請します。
他に添付書面としては、 新たに所有者となる相続人の住所を証する書面(住民票等)被相続人が登記名義人と同一人物であることを証する 書面(戸籍の附票等)、固定資産税の評価証明書などが必要です。 登録免許税として、評価額の1000分の4を納めます。公正証書遺言がある場合は、
戸籍謄本等の添付書類は少なくてすみます。

預金

遺産分割協議書(印鑑証明書付)・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・相続人の戸籍謄本等と、 各金融機関の届出書、預金通帳、キャッシュカード等を揃えて申請します。 金融機関毎に必要書面が異なりますので、
それぞれの金融機関に照会する必要があります。

自動車

遺産分割協議書(印鑑証明書付)・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・相続人の戸籍謄本等
(取得後3ヶ月以内のもの)車検証、車庫証明書等を添付して、移転登録申請書、 自動車検査証記入申請書を、
運輸支局又は自動車検査登録事務所に提出します。
自動車税事務所へ、自動車税・自動車取得税申告書を提出します。
(自動車取得税は、相続による場合は非課税です。)
移転登録手続き終了後、保険会社へ自賠責保険・任意保険の変更手続きを、行います。

株式

被相続人の戸籍謄本、改製原戸籍
(出生から死亡までのもの) 相続人全員の戸籍謄本・印鑑証明書を添付して、 「株主の権利行使者および株主に対する通知・催告受領者の指定通知書」を提出します。
分割協議が終了後株式発行会社に対して、株主名簿記載変更を申請します。 上場株式の場合は、証券会社、あるいは信託銀行に対して申請します。
(証券会社・信託銀行により手続きに違いがありますので、それぞれの会社に問い合わせしてください。)

お問い合せフォーム

氏名

住所

-

都道府県


市区町村


番地・アパート名など


メールアドレス

自宅/携帯番号

お問い合せ内容